注目の不妊治療「鍼灸」で妊娠力をつけよう

HOME » 妊娠のために知っておきたい鍼灸のあれこれ » 不妊治療に良い理由

不妊治療に良い理由

不妊症や不育症でお悩みの患者さんの中には、クリニックでの治療と併用して、鍼灸を取り入れている方が増えているそうです。

鍼灸や漢方などの東洋医学に基づく治療や施術は、不妊の症状に対してどのような効果があるのでしょうか?また、効果がある理由はどんなところにあるのでしょう?

不妊治療と鍼灸や東洋医学の関わりについて、考えてみたいと思います。

西洋医学の不妊治療に足りないもの

西洋医学における治療とは、病気になった箇所や不調を感じる部分を外科手術または薬によって鎮め、取り除いて治すことを意味します。

基本的に、「問題のある部分だけに対処する」という考え方なので、病気の治療には効果を発揮するのですが、不妊治療においては、万能ではないと指摘できます。

例えば、現在の生殖医療では、排卵が正常に行われていない患者さんに対して、薬を使って排卵を促すことはできますが、卵そのものの質を上げることはできません。

西洋医学では「排卵が行われない」という問題には対処できますが、卵の質には対処できないわけです。この場合、未成熟な卵ばかり次々と排卵しても、結果として妊娠につながらないことはすでにお分かりでしょう。

現在、体外受精などの生殖医療の進歩によって、新しい命がたくさん誕生していることは事実です。しかし、外科的な手術や治療技術だけでは、必ずしも成功しないのが不妊治療の現実なのです。

“カラダを治す”のではなく、“カラダを整える”

「クリニックでの治療でなかなか結果が得られない…」とお悩みの方は、高度生殖医療を受ける前段階として、自らの体調を整え、妊娠できる体作りをしておくことが何よりも重要。

そのために、良質な卵を作るところから、妊娠し無事出産するための理想的な子宮環境作りまで、トータルにサポートしてくれるのが、鍼灸をはじめとする東洋医学の治療だと言われています。

鍼灸などの東洋医学の考え方では、問題のある箇所だけに働きかけるのではなく、体全体の気や水・血の流れなどを診断し、滞っている箇所があれば、全身いたるところに働きかけます。

言うなれば、痛い箇所だけを外科的に治すのではなく、体全体を健康な状態に整えていく課程で、不調を感じる部分が徐々に消えていく…という治療法なのです。

鍼灸治療と生活改善で“妊娠できるカラダ”になる

不妊治療として行われる鍼灸の目的は、定期的に鍼を打ったりお灸で温めて刺激することで、体全体の血流を促進し、気の流れを整えることにあります。

流れを整えると、肩こりや腰痛・冷えなど、体のあちこちに生じていた痛みや不調が消え、基礎体力がアップしてくるそう。体の変化を感じ始めた頃には、卵の質や子宮環境は格段に良くなっているはずです。

さらに、ほとんどの鍼灸院では、鍼灸治療と同時に生活改善指導を行っています。適度な運動や体の負担にならない食生活・体を冷やさない工夫など、日常生活から体質改善に取り組んでいくことで、いち早く“妊娠できるカラダ”へと近づくことができるのです。

不妊治療のストレス緩和の効果も

鍼灸治療を行うもう1つのメリットは、治療そのものにリラックス効果や癒やし効果があること。

不妊治療は、体力的にも精神的にも負担が大きいですし、妊娠できない自分への苛立ちやプレッシャーがストレスとなってしまう場合もあります。

鍼灸院に通院している患者さんの多くは、鍼灸師に治療の相談をしたり、雑談しながら鍼や灸を受けることで、不妊治療でのストレスが解消できると感じているようです。

クリニックでの限られた診察時間で、担当医にはなかなか質問できないようなことも、鍼灸師にはゆっくり質問できる…という方もいますし、マッサージや鍼治療で体全体を丁寧にケアしてもらえるので、自分自身の体を見直し、いたわるきっかけにもなるという方もいました。

心もカラダも両面からサポートし、妊娠できるカラダへと導いてくれるのが、鍼灸治療だと言えますね。

 
不妊で悩む女性のための鍼灸治療ガイド